僕らのおうちの作り方:家を建てたい人への情報を紹介

注文住宅のメリット

注文住宅のこれまでの歴史とは

注文住宅は、古くは木造による大工職人の手作業によって建てる贅沢品とも言えるものでしたが、特に高度成長期においては貴重な存在だったものです。
集合住宅の建設が進み、多くの人に住宅をとの世間の流れの中で、オーダーメイドによる邸宅という意味合いを持つものだったわけです。
現在もまた違った意味で住宅普及が求められています。
地球規模でのエネルギー問題や日本における電力問題を背景として、自然環境に優しい住まいが求められているわけです。
また、建設においても効率化が進み、ハウスメーカーによるローコストによる注文住宅の普及が進んでいます。
手頃な予算で理想とする、希望に叶う住まいを建てることができるようになってきているわけです。

これからの動向についての予測

注文住宅のこれからの動向として注目されているのは、さらなる低コスト化と自然エネルギーの取り込みです。
設備として太陽光パネルの設置なども進みますが、設計の工夫によって光熱費を抑えることができるような家造りがさらに求められると見られています。
二酸化炭素排出の削減にいかに貢献できるかがポイントとなるわけです。
それと共にコスト削減においては、海外の建材を利用した家造りも進むと見られています。
ログハウスのようなセカンドハウスとしては、建材も含めて工法も海外のもので建てるものが定着しています。
同じように海外仕様の住まいもこらから輸入される傾向もあると見られています。
海外製の注文住宅でも日本の風土に合うようなものが増えてくると見られるわけです。